大阪で振袖なら振袖レンタル、袴レンタルの創業87年こまや
きものこまや
ご利用ガイド 送料・お支払い方法 カートを見る

こだわりの男性羽織袴

紋付の羽織袴は、男性の第一礼装となっており比較的フォーマルな場で着られることが多いです。
男性の羽織袴姿はとにかくかっこよく、成人式で他の人と差を付けたい方におすすめです。

こちらではそんな男性羽織袴について紹介しています。


【男性羽織袴の歴史】

和服は日本で時代に合わせて発展してきました。
飛鳥・奈良時代では、男性は頭に冠、詰襟風の長い着物に袴姿という今とは全く違う姿になっていました。
着物の原型といわれる小袖が着られるようになったのは平安時代のことです。
今までの優雅な服装ではなく、動きやすいものが好まれるようになりました。

特に男性にとって袴は欠かせないもので、正装から運動着まで多目的に着用されていました。
もともと日本の男性は二股に分かれたズボンのようなものを履いていましたが、それが少しずつ変化していき、今の羽織袴に落ち着いたのは武家時代です。
現代でもこの羽織袴が成人式や冠婚葬祭などに着用されています。

【男性羽織袴の着用シーン】

結婚式や成人式など人生の節目となる大切な式では、袴を履いて格式の高い装いにします。
羽織の背に家紋を入れるとさらに格の高い礼装となります。
友人の結婚式やパーティー、お祝いに出席する場合、羽織は黒以外のものを着用するようにしましょう。
羽織の柄もなるべく目立たない小紋柄程度のものにします。
はっきりした柄の羽織だと、日常着として見られてしまうので控えるようにしましょう。

男性の和装は女性に比べるとオシャレをできるところが少ないと言われています。当店は大阪で上質且つ安い袴レンタルをご利用頂けます。
オリジナル羽織をお作りすることができます。
龍、虎、鳳凰、風神、富士山など、好みの柄を好みの色で作ることができます。
手描きの羽織となっているので、この世界に同じものが2つとない自分だけのオリジナル羽織となります。
こだわりの羽織袴でさりげないオシャレをしてみませんか?是非、こだわりの羽織袴で成人式に!

ページのトップへ
Copyright(C)2007 こまや呉服店. All Rights Reserved.