大阪で振袖なら振袖レンタル、袴レンタルの創業87年こまや
きものこまや
ご利用ガイド 送料・お支払い方法 カートを見る

お宮参りのマナーについて

赤ちゃんの健やかな成長を祈るお宮参り。
初めてのお宮参りに戸惑う方は沢山いらっしゃると思います。
お宮参りのマナーや知識を学び、安心して当日を迎えるようにしましょう。

お宮参りとは…

お宮参りは、赤ちゃんが誕生して初めて迎える行事です。「今後も健康に成長してくれますように…」と赤ちゃんの幸せを願い、神様に祈りを捧げるとともに、新しく仲間入りしたことを報告します。
お宮参りの時期は、生後1ヶ月を目安に行なうのが一般的ですが、地方によって様々なので、住んでいる地域の風習に合わせましょう。
しかし、生まれて間もない赤ちゃんの身体は、まだ不安定な状態です。
赤ちゃんの体調も配慮しながら、母子ともに良好な状態の時に行なうことをお勧めします。

お宮参りの服装

〈赤ちゃん〉

男の子は、黒や青、グレーの色を基調とした熨斗目模様の祝い着を身につけます。
この祝い着には、鷹・龍・虎のデザインが入っているため、かっこいい勇敢な姿を見せてくれます。

一方、女の子は、赤やピンクなど明るい色が基調で、花車や牡丹をモチーフにした友禅模様の祝い着を 身につけるのが一般的です。

〈ご家族〉

父親の服装はスーツが一般的です。母親は訪問着や色無地の着物を装い、赤ちゃんの和装スタイルと合わせることをお勧めします。

初穂料について

お宮参りを行なう際、神社への謝礼として渡すお金を「初穂料」といいます。
のし袋の表書きには「初穂料」「御玉串料」と記入し、水引の下には赤ちゃんの名前を書いて下さい。
その際、のし袋は赤と白の蝶結びの水引を選びましょう。
神社によって包む金額は異なりますが、目安としては五千円から一万円程度が多いようです。
初穂料の金額でお困りであれば、予約の電話を入れる際に確認することをお勧めします。

着物の販売やレンタル、着付けなどでお困りの方は、当店をご利用ください。
お宮参りや七五三着物、振袖などの優良品をお求め安い価格で多数ご用意しております。
店舗は、東大阪市の足代にございますが、遠方の方でもご利用頂けるよう通信販売も行っていますので、ご検討中の方はお気軽にお問い合わせ下さい。

ページのトップへ
Copyright(C)2007 こまや呉服店. All Rights Reserved.