大阪で振袖なら振袖レンタル、袴レンタルの創業87年こまや
きものこまや
ご利用ガイド 送料・お支払い方法 カートを見る

和装小物の種類

体型に合った着物を身に付けるには、肌着や補整用品、紐類など、見えないところで役目を果たす小物類が重要になります。

では、和装小物にはどんな種類があるのでしょうか。着付けをする際、とても役に立つと思いますので、事前に学んでおきましょう。
当店では、下記の和装小物の他、様々な和装小物を揃えております。


肌襦袢

「肌着」とも呼ばれており、着物を着用するときの下着になります。
肌襦袢には、色々なデザインや素材がありますが、素肌に直接触れるものなので、吸湿性が高く自分の肌に合ったものを選ぶと良いでしょう。

長襦袢

肌襦袢と着物の間に着る下着のことをいいますが、分かりやすくいえば、インナーの役割を果たしています。 着物の形と似ており、袖口や裾から襦袢が見えたりするので、長襦袢の色や柄にこだわってみるとよりお洒落に仕上がります。

伊達衿

衿の下に着ける別衿になりますが、伊達衿を着けることで、着物を二枚重ねしているかのように見えます。 伊達衿の種類は豊富で、礼装には白地、正装には華やかな刺繍を施したものを選ぶなど、目的によって変えてみると良いでしょう。

伊達締め

長襦袢と着物を支える細い帯になりますが、胸元の着崩れを防止するために締めるものです。

帯枕

帯の形を作るために必要なアイテムです。帯枕の幅や色、高さ、膨らみ具合など種類が色々ありますので、目的に応じて選んで下さい。

帯揚げ

帯枕を包むもので、帯の形を整える役割を持っています。帯から少し見えるので、着物や帯の色に合わせてコーディネートすると良いでしょう。

帯締め

結んだ帯が落ちてこないように、帯の中央部に締めるものです。帯の中央は、人の目線が集まる場所でもありますので、帯の色に合わせて帯締めを選びましょう。

足袋

靴下のような役割があります。足元は目立ちますので、汚れていない美しい足袋を履くようにしましょう。

その他にも、和装小物の種類は色々ありますが、こちらでは代表的なものを紹介いたしました。
あなたに似合う和装小物を身に着けて、美しい着物姿を演出してみてはいかがでしょうか。

当店では、色々な種類の着物、和装小物を販売しております。 もちろん、販売だけでなく着物レンタルも行っているので、結婚式や成人式などで着物を身に付ける機会がある方は、是非ご覧下さい。

また、多くのお客様にご利用頂けるように、料金もお安い価格で提供しているのでお勧めです。 場所は大阪にございますので、周辺にお住まいの方はお気軽にお越し下さいませ。

ページのトップへ
Copyright(C)2007 こまや呉服店. All Rights Reserved.