大阪で振袖なら振袖レンタル、袴レンタルの創業87年こまや
きものこまや
ご利用ガイド 送料・お支払い方法 カートを見る

振袖姿を美しく見せるテクニック

振袖は、成人式や結婚式など特別な行事の時に着るものなので、普段見ない女性の姿に魅了される男性は多いと思います。
しかし、振袖姿の女性がぎこちない動きをしていたらどうでしょうか。 せっかくの美しい姿も台無しになってしまいます。より上品で魅力的に見せるためにも、立ち居振る舞いがスムーズに行えるよう意識しましょう。

これから、振袖姿を美しく見せるテクニックをご紹介します。振袖を身に着ける前に目を通しておきましょう。
振袖の「記念撮影」の際も大切ですので是非ご参考にされて下さい。


【基本姿勢】

振袖を身に着ける時は、常に背筋を伸ばすよう心がけて下さい。
姿勢が悪いと、見た目に影響が出るだけでなく、着崩れの原因になってしまいますので、みっともない姿を見せることになります。普段から猫背の方は、背筋を伸ばす練習をしておきましょう。

また、もうひとつ注意して頂きたいのが、顎を出してはいけないということです。
もし、顎が前に出てしまいますと、首筋も前に出るため、衿元が着崩れする原因になります。 振袖を着用する時は、背筋をしっかり伸ばし、軽く顎を引くようにしましょう。

【着崩れしない座り方】

振袖には帯が付いているので、深く腰掛けると、帯の形が崩れる恐れがあります。
普段着る洋服の場合、深めに座っても特に問題ありませんが、着物を身に着ける際は、浅めに座るよう意識しましょう。

【美しく見える歩き方】

着物で歩行する際は、歩幅を小さくして歩くようにしましょう。
大股で歩くと不自然に見えますし、裾が乱れやすくなります。

また、階段を上り下りする時、裾や袂を汚してしまう方がいます。その際は裾をしっかり持ち、体を斜めにして上り下りすると、足の運びがスムーズになり歩きやすくなります。
さらに、天気が悪く雨が降っていると、水はねの心配があると思いますが、その際はかかとから歩くように意識して下さい。

当店では、振袖レンタルや販売を行っています。新作が随時入荷しており、品揃えが豊富なので、振袖選びでお悩みの方にお勧めです。

料金もお安い価格でご案内いたしております。ご予算が限られている方でも安心してご利用して頂けますので、毎年多数(200名様〜)のお嬢様にお喜び頂いております。大阪で振袖をお探しの方は、是非当店にお問い合わせ下さい。

ページのトップへ
Copyright(C)2007 こまや呉服店. All Rights Reserved.