大阪で振袖なら振袖レンタル、袴レンタルの創業87年こまや
きものこまや
ご利用ガイド 送料・お支払い方法 カートを見る

大切な着物のお手入れ方法

大切な着物に汚れやシミがついた時、あなたならどうしますか?
着物は普段着る機会が少ないので、お手入れ方法に困る方が多くいらっしゃいます。
より長く愛用するためにも、着物のお手入れ方法について学んでおきましょう。


【普段のお手入れ方法】

着物は湿気に弱いです。
まず着物を脱いだら、湿気を取ってシワを伸ばすためにも、衣紋かけや着物を吊るすハンガーに掛けておきましょう。

しかし、あまりにも長く吊るしておくと、布が伸びて袖が垂れてしまいますので気をつけて下さい。 その際に、衿や袖口、裾周辺に汚れがある場合、シミ抜きで落とすことが可能ですが、時間の経過が長くなるほど落ちにくくなりますので、すぐに処理しましょう。

汚れを落とす時は、シミ抜き用の液をしみ込ませた布で軽く拭き取って下さい。
また、着物にホコリがついていたら、きれいに落とす必要がありますが、その際、洋服用のブラシは絶対に使わないようにしましょう。生地そのものが傷みやすくなってしまいますので、注意して下さい。

【着物の収納方法】

箪笥へしまう時は、きれいにたたみ、たとう紙に入れて収納して下さい。たとう紙は和紙で作られており、ホコリがつかないように守ってくれますが、時々紙の状態をチェックして交換するようにしましょう。

また、虫が発生するのを防ぐために、防虫剤を使用しますが、その際は1種類だけ使うようにして下さい。 着物をきれいな状態で保管するためにも、時間がある際は、箪笥の中を開けて換気を行なうことをお勧めします。

着物のお手入れ方法についてお分かり頂けたでしょうか。
着物を大切に保管するためにも、日頃のお手入れが大切です。
又、シミを防ぎ、お手入れ不要の「パールトーン」加工をお勧めいたします。
着物はとてもデリケートな素材で作られています。
もし、間違ったお手入れをしてしまうと、汚れやシミが余計に広がってしまう可能性があります。
そのような時は、自力で落とそうとするのではなく、着物のクリーニングを依頼されることをお勧めします。

着物のクリーニングや仕立てのご依頼なら、是非当店にお任せ下さい。
こちらでは、シミ落としや丸洗い、寸法直しなど様々なサービスをしており、他店よりもお安い価格で提供しているのでお勧めです。

その他にも、着物や袴、訪問着、浴衣の販売・レンタルを行っております。
大阪で呉服店をお探しの方は、お気軽に当店へお問い合わせ下さい。

ページのトップへ
Copyright(C)2007 こまや呉服店. All Rights Reserved.